記事一覧

自分で防ごう詐欺被害!!!

1aaee76952235782eda3e2456cc749b2_s.jpg


仮想通貨を狙った詐欺が流行ってきていて、未だに架空請求やオレオレ詐欺に騙されてしまう人が多いです。
一度お金を騙し取られてしまうと、どんどんと取られ続けてしまい、しかも返ってくる可能性が極めて低いのが詐欺の特徴です。
警察がしっかり動いてくれて、犯人を捕まえてくれるならまだしも、件数が多すぎるため全てに対応しきれずなかなか動いてくれないのが現実です。
詐欺被害にあわないためにも自分で防ぐことが大事で、そのためにもどうすると詐欺と見極められるのかを知っておく必要があります。
そこで、今回は雑談として詐欺の見極め方について紹介したいと思います。


e454922f80e7b1b19073df81d8a14671_s.jpg

・甘い話には裏がある

今流行っている仮想通貨を狙った詐欺で多いのが、甘い話です。
少額の仮想通貨を送ってくれたらあとで高額の仮想通貨を送りますという詐欺が出回っているのですが、この詐欺で厄介なのか有名人になりすます行為です。

有名人だから騙すことはないだろうと思い送ってしまう人が多いのですが、そもそもの問題として、なぜ有名人が自分に連絡をくれるのか、そしてなぜそんなツイートをしているのかを考えましょう。
自分がその有名人とつながりがあるのなら仕方がないのかもしれませんが、一般人にいきなり有名人がDMをしてくることはありませんし、ツイートで仮想通貨を要求することなんて絶対にありません。
少額支払えば高額で返ってくることなんてありませんので、美味しい話には乗らないようにしましょう。


dd014cf655f710a62feca1d1ff2a6702_s.jpg

・架空請求は無視もしくは裁判まで待とう

日本で起こっている詐欺で相当多いのが、架空請求です。
使ったことないサイトだったりサービスを利用したから払えという内容のメールだったりはがきなどが来ます。
この時に払っていなかったんだと思い電話したりする人がいますが、まず考えてほしいのが、本当に利用したのかどうかです。

本当に利用していて明らかに支払いを忘れているのでしたら、メールやはがきに書かれている電話番号ではなく、ネットで調べ公式の問い合わせの電話番号やメールにて連絡を取るようにしてください。
もし絶対に使用していないと断定できるのなら、明らかに架空請求となりますので、無視してください。

無視すると裁判される、そして差し押さえされると思われがちですが、裁判は怖いものではありません。
請求に関しては、お互いの主張を聞いて法律を用いてどうするのかを決めるだけなので、全く怖くないです。
そして、差し押さえは裁判所の許可が必要としていて、一度請求に対しての裁判をしなければできないので、いきなり差し押さえされることはありませんし、もし強行されるのなら迷うこと無く警察を呼んで下さい。

架空請求の場合は、絶対に裁判をしません。
相手は犯罪していますので表に出てくることはありませんし、裁判に勝てるほどの証拠はないので裁判してくるアホはいないと思っておき、「どうぞ裁判をしてください」ぐらいの気持ちで無視を貫きましょう。


abadbf9c4c5bd1a1395a106bdb21ea24_s.jpg

・確認のためにこちらから電話で確認を行おう

オレオレ詐欺でも架空請求でもそうですが、ビックリしてしまい相手の通りに動いてしまうことで騙し取られてしまいます。
詐欺の仕方により相当ビックリしてしまい動揺するかもしれませんが、一度冷静になり確認行為を行うようにしてください。
架空請求なら、本当にそんな会社や弁護士が存在しているのかどうかの確認を、そして有名どころからの請求なら直接その会社に電話をして確認を取ってください。
もしオレオレ詐欺なら、他の家族に相談し、本当にその人本人からもしくは本人が起こしたトラブルなのかどうかを調べるようにしましょう。
そしてもし他に家族がいなくて、その話が本当かどうかわからないようなら警察に電話して相談してみてください。
現時点で起こっている詐欺で現行犯逮捕ができる可能性を持っていると警察は動いてくれます。
自分一人で悩むようにするのではなく、まずはお金を支払う前に誰かに相談して、客観的に判断をしてもらいましょう。


0c73543dd700697f02b8dd9590805e0f_s.jpg

・払う前にもう一度確認を

詐欺だと見抜けなくて話が進むと、最終的に振込だったりギフトカードや仮想通貨などで支払うようになります。
もしそこまで進んでしまったのなら、もう一度冷静になって確認をしてください。

まず、どんなに支払い方法を柔軟に対応をするサイトでも、基本的に滞納の支払いは振込もしくはコンビニなどで使える払込票、ペイメントサービスによるオンライン決済になります。
仮想通貨だったりギフトカードで支払いをしてくださいとお願いする企業はないので、おかしな支払い方法を指定するようなら100%詐欺だと思ってください。
大手の通販サイトでは、ギフトカードでも支払いできますが、ただその場合は公式サイトにて登録してから支払うようになるので、電話やメールなどでカードの番号を教えることはありません。

そしてここが大事なポイントですが、滞納だとしても請求してからある程度の支払猶予期間があり、事前に支払い方法と振込なら口座番号が通知書に記載されています。
今すぐ払えと言われたり、銀行についてから口座番号を教えるなどは相当危険になりますので、絶対に振り込まないようにしてください。

・まとめ

詐欺は、どんなに駆使した方法でも、ところどころおかしな点がでてきます。
ちょっとでもおかしいと思ったら確認を、そして明らかにおかしいと判断できるようなら無視、もしくは警察に相談をして協力を仰ぐようにしましょう。









このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント