記事一覧

貴ノ岩が頭から出血するまで誰も止めず

日馬富士


日馬富士の暴行事件で、白鵬が止めたと言われていましたが、実は、貴ノ岩が出血するまで誰も止めなかったそうです。

暴行が始まった時に止めているのなら、白鵬やその場にいた人に問題はないけれども、暴行を止めていなかったとなれば別です。
出血するまで止めていなかったということは、出血しなければ止めないということでもあり、周りの人も同罪と言ってもいいでしょうね。

今回は貴ノ岩の態度にも問題があったのかもしれませんが、しかし、だからといって喧嘩両成敗にはならない。
周りの人も止めなかったということは、集団リンチと一緒。
これが真実なら、関わっている人全員の処罰が必要なのでは?と思います。
周りの人は、刑事事件として処罰することはできないので、相撲協会には頑張って欲しいものです。




PR


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント